みんなのミニミニ作文 8月の優秀作品と解説

みなさんから届(とど)いた作品の中から、特におもしろかったもの、すぐれていたものをしょうかいします。

8月のお題はこうでしたね。

お題
〈キャンプでのできごと〉
次の(  )に入る文章を自由に考えよう。
家族でキャンプに行きました。テントを広げたところで、(         )。みんなおどろいて目を丸くしました。
【例】父が「しまった、これはこわれているほうのテントだった……」と言いました

自然の中で家族でキャンプなんて、すてきな夏の思い出ですよね。そんな中、みんながおどろいた事件(じけん)とは? 今月もユニークな作品がたくさんとどきました。

優秀作品

母が、「あっ…クマのぬいぐるみ忘(わす)れちゃった…これじゃ寝(ね)れないよぉ〜」と言った。
(ペンネーム:「博麗霊夢」さん)
先生

お母さんはいつもぬいぐるみといっしょにねていたんですね。思わぬタイミングでかわいらしい秘密(ひみつ)がばれてしまいましたね。

佳作

「ねぇ父さん、ポールがないとテント立たないよ」 「え! あの棒(ぼう)、必要だったの!」
(ペンネーム:「N.N」さん)
さとる

あらら…。お父さんは初めてのキャンプだったのかな? 天然なお父さんとの楽しいキャンプになりそうだね。

「お父さん大好き」という刺繍(ししゅう)を見つけました。
(ペンネーム:「エイミー・ケイヒル」さん)
まどか

すてきな秘密が見つかっちゃったね! でもお父さんと刺繍をした人ははずかしかっただろうなあ。

なんとなかからペンギンの行列がゾロゾロ出て来るのです。
(ペンネーム:「アクア」さん)
ゆうき

まるで絵本の世界だね。ペンギンたちはどこから来たんだろう?

Z会小学生コース 専科作文5年生・6年生