みんなの作文<6年生> 今月の課題

Z会の作文6年生の「てんさく問題」(通信教育の提出(ていしゅつ)課題)をしょうかいします。よりよく書くためのこつも大公開しますので、役立ててくださいね。

10月の「てんさく問題」の課題はこちら!

課題
身近な大人のお仕事についてインタビューし、わかったことや考えたことを「お仕事レポート」にまとめましょう。
さとる どんな人にインタビューをしたらいいんだろう?
ゆうき さとるさんは、どんな仕事に興味(きょうみ)があるのかな? 周りにその仕事をしている大人がいないか探(さが)してみるといいよ。
まどか 興味のある仕事が思いつかない場合や、近くにその仕事をしている大人がいない場合はどうしたらいいの?
ゆうき その場合は、お母さんやお父さん、親戚(しんせき)のお兄さんやお姉さんにインタビューをしてみたらどうかな? どんな仕事でも、きっと知らなかった面や意外なところが見つかると思うよ。
先生 いいですね。インタビューを受けてくれる相手を見つけたら、インタビューの準備(じゅんび)をしっかりしておきましょう。今回は、インタビューの準備の仕方と、インタビュー後のまとめ方を学習しますよ。

今月のてんさく問題、攻略(こうりゃく)ポイント

ここがポイント!

1.インタビューの準備をしっかりする!
インタビューは、事前の準備が肝心(かんじん)です。インタビューで何を聞きたいのか、どのようなことが気になるのかを書き出しておきましょう。できれば、その仕事について自分で調べておくとより深く質問(しつもん)を考えることができます。インタビューをお願いする相手にもおおまかに聞きたいことを伝えておくと、インタビューがスムーズに進みますよ。
2.必要な情報(じょうほう)だけをぬき出してまとめる!
インタビューをしたら、お仕事レポートにまとめたい情報を選び出しましょう。聞いたことをすべて文章にしようとすると、だらだらとした文章になり、何を伝えたいのかが読み手にはわからなくなってしまいます。インタビューの中で印象に残ったことを選び出し、それについてくわしく書きましょう。そうすると、すっきりとひきしまったお仕事レポートになります。

「みんなの作文」に紹介されるコツ

  • てんさく問題の「しょうかいしてもよい」のところに必ずチェックを入れよう。
  • 提出目標日よりも早めに提出すること!

保護者の方へ

今月のてんさく問題のねらい

今回は、お仕事についてインタビューをしたうえで、その内容を文章にするという課題です。インタビューをすることで、「相手に何かを尋ねるときにはどのような準備をしておけばよいのか」「どのように質問をすればよいのか」ということを学びます。さらに、インタビューした内容をすべて文章にするのではなく、必要な情報だけをピックアップすることも重要です。この取り組みをとおして、伝えたいことについて情報を取捨選択する力が身につき、文章をすっきりまとめることができるようになります。

つまずきポイントと、アドバイス例

今回のような課題では、「せっかくインタビューをしたのだから。」と、聞いたことをすべてレポートしたくなってしまいます。しかし、たくさんの情報を盛り込みすぎてしまうと、中心のはっきりしないだらだらとした作文になってしまいがちです。そのようなときは、準備の段階に戻って、最も伝えたい部分はどこか、印象に残った部分はどこかをもう一度考えてみることが重要です。つまずきが見られるようであれば、ぜひ一緒にインタビューの内容をふり返ってみてください。

Z会小学生コース 専科作文5年生・6年生