標準国公私大コース 理系数学
1/10

361.2点間の距離今回から「図形と方程式」を学習する.これは方程式の考え方を導入して図形問題を考えるもので,数学Ⅱ・Bの中でも重要な分野である.新しい内容も多く学習するので,じっくりと取り組んでほしい.まず,座標平面上の2点間の距離を表す公式を示しておこう.これは基本的な公式で,3平方の定理から容易に証明できる.2.内分点・外分点内分・外分とも,分子の係数に注意してほしい.たとえば内分だと,座標は++すなわち,の係数が,の係数がで,比が入れ替わった形になっている.座標についても同じだ.外分については,“:に外分する”を“:に内分する”とみて-++-,-++-と考えることにすれば,内分点の公式と同じ形に帰着される(あるいは,“-:に内分する”とみてもよい.同じ結果が得られることを各自確認せよ).なお,3点A,,B,,C,を頂点とするABCの重心の座標は++3,++3である.これは,線分BCの中点(線分BCを1:1に内分する点)をMとし,線分AMを2:1に内分する点として求められる.これも確認しておこう.重要ポイント1点間の距離点A,と点B,の間の距離は-+-とくに,原点O0,0と点A,の間の距離は+重要ポイント2内分点・外分点2点A,,B,に対し,線分ABを:に内分する点の座標は++,++また,線分ABを:に外分する点の座標は-+-,-+-5章図形と方程式(点・直線):ポイント整理学習時間のめやす 15分PM25J1-Z1J1-01[見本] 本科 標準国公私大コース 理系数学 サポート&トレーニング

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 1

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です