連載

印刷

<よろず学習掲示板(1〜3年生)>

2年生の質問

小学生コースを受講されている方の学習の質問やお悩みに、Z会スタッフがお答えします。

【2016年3月24日】


 

質問一覧

 

 

学習のしかた

教科別学習法

【国語】
Q. 「スタートセット」に入っていた『漢字ブック』はいつ、どのように使うものなのですか。

Q. 国語の「てんさくもんだい」にある、「てんさくせんせいへの おたより」に、子どもが「何を書いたらいいかわからない」と言います。

Q. 漢字の練習では、回数を多く書いたほうがよいと思うのですが、『ドリルZ』の練習回数だけだと足りないように思います。

【算数】
Q. 算数の問題でとくにケアレスミスが多いように思います。どうしたらケアレスミスを減らすことができますか。

Q. 九九をしっかり定着させるには、どのように学習したらよいでしょうか?

Q. 答えがわからないと、考えこんでしまい、先に進めません。自分で答えを出すまで待っていたほうがよいのでしょうか。

【経験学習】
Q. 「けいけんシート」の作文を書くことに戸惑っています。どのような言葉をかけてあげればいいですか。

Q. 時間がなかったりタイミングが合わなかったりして、経験学習に取り組むきっかけがうまくつかめません。

Q. 「けいけんシート」の絵をかいているときに、親がアドバイスをしてもいいのでしょうか。

Q. 「けいけんシート」に「おもしろかった」とか「うれしかったです」といったありきたりな表現しか書けないのですが、どうしたらいいですか。

その他

回答一覧

 

 


【経験学習】「けいけんシート」の作文が書けない

A.「体験したときの様子や気持ちを先生に教えてあげようね」と、伝える相手を意識するように声をかけてみてください。作文に苦手意識がある場合は、先生に手紙を送るようなつもりで書くようにするとよいでしょう。いきなり表現するのではなく、事前に体験したときのことを鮮明に思い出すような会話をしておくと、表現しやすくなります。また、作文が短くてもかまわないということをお子さまにお伝えください。担任指導者がお子さまの表現を丁寧に受け止め、よさを見いだしてほめるコメントや、「体けん」をしたときのお子さまの思いや気づきなどを引き出す問いかけなどを添えてお返しいたしますので、まずは、お子さまが自分の力で表現した「けいけんシート」をご提出ください。

質問一覧に戻る

 


【国語】『小2漢字ブック』の使い方

『小2漢字ブック』

A.『漢字ブック』には、1・2年生で習う漢字がすべて載っていますので、辞書のようにご利用いただけます。

『ドリルZ』では、漢字の練習欄の横に読み方や筆順を載せていません。ドリルに読み方や筆順を併記すると、さっと目を通すだけにとどまり、印象に残りにくいからです。そこで『漢字ブック』を使って「調べる」「探す」という過程を一度ふむと、定着度が高まります。慣れないうちは少し負担に感じることもあるかと思いますが、「調べる」ことが習慣になれば、機械的な反復練習よりも効果的に覚えることができるでしょう。

さらに、学校で習った漢字について、教科書に出てくる読み方とは違う読み方を調べたり、その漢字を使った例文を探したりしてもよいでしょう。その例文をノートに書き写すことで、文の中で漢字を使うという実践的な漢字学習ができます。

質問一覧に戻る


 


【国語】おたより欄の書き方

A.言葉の学習を始めたばかりの1年生の段階では、自分の考えを文章化することが難しいものです。文章化するには、その前提として自分の考えがまとまっていなければなりません。まずはお子さまとテーマにそって会話していただき、次いでそれを書き言葉でまとめるようにすると、比較的抵抗なく文章を書くことができるでしょう。また、最初のうちは、保護者の方がお手本となる文章を書いて、まねるところから始めてもかまいません。しだいにそれが自分のものになっていきます。

書くことができたときは、どんなに短い文章でも、文章のよいところを見つけて、大いにほめてあげてください。温かく励ましてもらうことが、自らの力で書くことへの自信をはぐくみます。

質問一覧に戻る

 


【経験学習】上手に進めるポイント

A.なかなか経験学習に取り組めないというご家庭もあるようですが、きっかけさえつかめば親子で楽しく取り組める内容となっています。経験学習を上手に進めるポイントをご紹介します。
1.分量を確認する

経験学習には、短時間で終わるものや、まとまった時間が必要なもの、準備の必要があるもの、天気に左右されるものなどがあります。教材が届いたらまずは全体をざっと見て、平日でもできそうか・休日に時間をとって行ったほうがよさそうか確認してください。時間のめやすは『わくわくエブリスタディ けいけん(りかのたね/しゃかいのたね)』の裏表紙に記載されています。

2.手に取りやすいところに置いておく

ご家庭でのちょっとしたすきま時間に、『わくわくエブリスタディ けいけん(りかのたね/しゃかいのたね)』をパラパラと親子でめくってみるのもよいでしょう。経験学習への興味・関心につながります。また、お子さまの話をじっくりと聞くのも、ときには意外な発見があっておもしろいものです。

3.親子で一緒に楽しむ

学年が上がるにつれて、親子で過ごす時間は少なくなってきます。親子で並んで一つのものを見て、感動を共有しあえる低学年だからこそ、一緒に楽しみながら取り組んでいただければと思います。また、可能ならお友だちやそのご家族を誘って一緒にやってみてもよいでしょう。

質問一覧に戻る

 


【算数】ケアレスミスを減らすには?

A.ケアレスミスをなくすための第一歩は、わかっている問題やできたはずの簡単な問題に×や△がついてしまうことに関して、お子さま自身が「悔しい!」という気持ちを抱くようになることです。

ご家庭で丸つけをされる際、または添削されて返ってきた「てんさくもんだい」を見直す際に、ケアレスミスをした箇所に対して、「惜しい! もうちょっと落ち着いて答えられたら正解だったね」など、悔しさを意識的に伝えるようにするとよいでしょう。

さらに、解いたあとで必ず見直しをすることも大切です。まずはお子さまが問題を解き終えたタイミングで見直しを促し、まちがいを見つけられたときには、「すごいね。よくまちがえていたところがわかったね」などとほめ、見直しの重要性と効果を実感させてあげてください。

質問一覧に戻る

 
【経験学習】 「けいけんシート」に親がアドバイスしてもよい?

A.お子さまが「けいけんシート」に取り組んでいるときはできるかぎりそっと見守ってください。

ただ、お子さまによっては何をどう表現したらよいのか戸惑うこともあると思います。そのような場合には、「こうかきなさい」と絵のかき方について伝えるよりも、「アイスクリームを作ったとき、どんなところが大変だった?」「夏まつりでしか見ないな、と思ったものは何だった?」といったように、お子さまが体験を思い出せるよう、声をかけると効果的です。会話によってイメージをふくらませることで、お子さまのなかに眠っている豊かな感性が表に出やすくなるだけでなく、思考力をはぐくみ、きずなを深めることにもつながるでしょう。

質問一覧に戻る

 


【国語】漢字の練習回数が少ない

A.『ドリルZ』における各漢字の練習回数は、たしかに、書き癖をつけるには少ない分量かもしれません。ただ、漢字を極端に苦手とするお子さま(あるいは、漢字の反復練習のような学習スタイルに対して嫌悪感を抱いているお子さま)にとっては、これでも多すぎると感じられる場合があるようです。

漢字をしっかり覚えるためには、1回の学習で多く書くだけでなく、さまざまなかたちで漢字の学習に何度も取り組むことが大切です。学校での学習、『ドリルZ』、あるいは市販のドリルなど、手を替え品を替え、繰り返し同じ漢字の学習に取り組むと効果的です。
お子さまに、もっと漢字を書きたいという気持ちが強いようならば、お子さまが取り組まれる前に教材のコピーをとっておく、あるいは別の市販のドリル教材を購入するなど、繰り返し漢字の学習に取り組める工夫をされるとよいでしょう。
ただし、漢字の練習に苦手意識をもっているようならば、無理をせず、『ドリルZ』に根気よく取り組んでいることをほめてあげてください。

質問一覧に戻る

 


【Z会について】『理社さきどりワーク』の使い方

『理社さきどりワーク』第1弾(10月お届け)

A.『理社さきどりワーク』ではなぞり学習で理科・社会の先取りを行える教材です。「なぞり学習」は、ひらがなや漢字など、国語で文字を練習するときによく使われる方法ですが、この作業を繰り返すことで、手の感覚で文字を覚えていきます。自然に文字が記憶に残るので、とても有効なトレーニングです。

『理社さきどりワーク』でも、文中に出てくるキーワードをなぞり書きしながら、要点の文を読み進めていく「なぞり学習」を取り入れています。学校で習っていない単元の学習は負担感も大きくなるので、「なぞり学習」は先取りにぴったりです。声に出して読み進めながら「なぞり学習」をすると、さらに効果的です。


また、お子さま一人でも進めることができる構成になっているので、丸つけの練習にもお使いいただけます。

時間があるとき、いつ取り組んでいただいてもかまいませんが、毎月の「経験学習」のあとに取り組むと、理科・社会へのつながりをより感じやすいので、おすすめです。
※10月号・1月号・3月号の教材同封でお届けします。教材とは別冊子になります。

質問一覧に戻る


 


【算数】九九を定着させるには?

A.九九を確実に身につけるためには、継続的に反復練習を行うことが最も大切です。

「にいちがに、ににんがし……」という、おなじみのフレーズもよいですが、次にご紹介するようなカードを使う方法もおすすめです。

●準備
市販の単語帳などを利用して、1枚1枚、表には式を、裏にはその答えを書く。

●基礎編
・○×1から○×9の順に並べ、1枚ずつ答えを言ってめくる。
・上記の方法とは逆に○×9から○×1の順に並べ、1枚ずつ答えを言ってめくる。
これらをまずは段ごとに行い、できるようになったら、「1の段から順に9の段まで上がる」練習と、「9の段から順に1の段まで下がる」練習を、それぞれ行ってみてください。

●発展編
・段ごとにカードをよく混ぜて、取り出しながら答えを言う。
・9の段までのすべてのカードをよく混ぜて、取り出しながら答えを言う。
・逆に、答えを見て、九九の式を言っていく。
・二人でお互いにカードを出しあい、相手のカードに書かれた式の答えを言う。

カードを使うと、ゲーム感覚で何回でも自主的に取り組めるうえ、裏に答えが書いてあるので、誤りを修正することもできます。ぜひ保護者の方も積極的に参加してあげてください。

質問一覧に戻る

 


【経験】「けいけんシート」の作文にありきたりなことしか書けない

A.この時期になると、お子さまがある程度まとまった長さの文章を書くことはあたりまえになってきて、もっと長く、もっと詳しく、もっと生き生きとした表現で・・・などと、保護者の方の要求水準が高まりがちです。かといって、お子さまに対して「もっと詳しく書きなさい」とか「思ったことをもっと具体的に書かないとだめよ」などと声をかけても、低学年の子どもは、まだ自分の体験や思いを表現するストックが十分ではないので、かえって手が止まってしまうこともあります。

お子さま自身のなかに<言葉の貯金>をしていかないと、体験や思いを言葉で再現することができないのです。

<言葉の貯金>を増やすにはまず、同じ体験を共有している保護者の方が、どのような言葉で体験や思いを表現するのかを示してあげることが大切です。

自分以外の人がどういうときにどういう言葉をつかっているのかを見聞きする経験を重ねることで、<言葉の貯金>は徐々に増えていき、自分の体験や思いを表現する言葉を探しあてることができるようになります。その結果、しだいに長く、詳しく、生き生きとした表現の文章が書けるようになっていくのです。

質問一覧に戻る

 


【算数】わからないと止まってしまう

A.算数では、時間をかけてじっくりと考え、試行錯誤しながら解き方や答えを見いだしていく力、つまり問題解決能力を養うことは大切です。しかし、小学校低学年の子どもが集中できるのは、およそ20分程度のわずかな時間といわれています。ですから、少し考えても解き方を思いつかず止まってしまうようでしたら、時間で区切って解答を見てしまってもよいと思います。

算数において、問題解決能力を養うことが大切である一方で、解答や解説を読んで思いつかなかった考え方を理解し、解法を一つひとつ自分のものとして吸収していくことも重要です。今までに解いたことのないような問題を、自分一人の力で解けなかったとしても、解答を見て理解し、次に同じような問題にあたったときに解くことができれば、十分といえるでしょう。

質問一覧に戻る

ページの先頭へ