連載

印刷

<よろず学習掲示板(1〜3年生)>

3年生の質問

小学生コースを受講されている方の学習の質問やお悩みに、Z会スタッフがお答えします。

【2016年3月24日】


 

質問一覧

 

 

教科別学習法

Z会について

その他

回答一覧

 

 


【学習のしかた】学習量が増えた

A.3年生からは理科と社会が始まり、さらに2年生では各教科1回の学習時間が15分だったのに対し、3年生からは倍の30分になるなど、教材が大きく変わります。3年生からは、お子さまが一人で学習を進められる教材になっていますが、教材に慣れるまでは保護者の方が答え合わせをしたり、『答えと考え方』を読んで説明するなどしてもかまいません。ようすを見ながら徐々にお子さまに任せていくようにしてください。

また、4月はお子さまのモチベーションも高く、まだ学校での学習が始まらないうちに4月号の教材に取りかかることもあるでしょう。そういった場合にありがちなのが、未習分野につまずき、一気にモチベーションが下がり、その後教材に手をつけなくなることです。お子さまが最初に手をつけてからしばらく教材を開いていないようでしたら、保護者の方が「学校で習ったところをもう一度見てみようか?」などと声をかけてみてください。学校で学習してから再度取り組めば理解も深まりますので、お子さまのやる気が今後も続くように保護者の方も適宜手を差し伸べてあげてください。

質問一覧に戻る

 


【学習のしかた】学習カレンダーの使い方

A.小学生のお子さまにとって、月初めに立てた計画どおりに学習を進めていくことは、大人が考える以上に難しいものです。毎日の計画をしっかり立てる必要はありませんが、迷われるようでしたら、封筒の裏面に掲載している「おすすめスケジュール」を参考に進めていただくとよいでしょう。また、「Z会MyPage 1039ねっと」でも受講内容に合わせてさまざまなスケジュールパターンを紹介していますので、そちらもぜひご確認ください。

また、カレンダーは壁や冷蔵庫などの、目につきやすいところに張ることをおすすめします。そして、教材に取り組んだ後は、「終わった!」シールを取り組んだシールの上などに貼ります。お子さまに貼っていただくのもよいのですが、おうちの方が温かい言葉と一緒にはってあげてもよいでしょう。

質問一覧に戻る

 


【算数】計算問題に飽きてしまった 【理科】理科に対する関心をもたせたい

A.算数の学習に計算は欠かせませんが、確かに計算問題ばかりでは新鮮さやおもしろさが持続しにくいかもしれません。算数は、日常生活とのつながりを感じられると、もっと楽しくなる教科です。


また、近ごろでは、理科に対する関心が低い子どもたちの「理科離れ」が問題となっています。しかし、身のまわりにあふれている自然現象を解き明かす理科は、本来、子どもたちにとっても身近で魅力的な教科のはずです。自分の生活や体験と理科の学習内容とがリンクすれば、きっと理科を楽しく感じられるでしょう。

それが、算数・理科好きを育てるコツです。


質問一覧に戻る

 


【国語】国語が苦手

A.言葉を使って話す、聞く、文字を読む、書くなど、ふだんの生活で言葉を扱う場面のすべてが国語の学習につながっています。まずはお子さまが好きな分野や得意分野などについて話したり、聞いたり、読んだり、書いたりといったことから始めて、国語への苦手意識や嫌悪感を取り除いていただきたいと思います。こうした活動から、文章を読むことに興味を抱き、読書量が増えれば、しだいに語彙力や読解力も身についていくことでしょう。

また、まだ問題に取り組むこと自体に慣れていない段階では、設問で聞かれていることが理解できなかったり、どのように答えたらよいのかわからなかったりすることは、よくあることです。これは、問題を解く練習を重ねることで徐々に解消されていきます。まずは、お子さまと一緒に問題を読んでいただき、設問のどこが理解できていないのかを把握してください。そして、問題を考えていく過程において、お子さまに解答へのプロセスの説明を繰り返すことで、解答を導く考え方を身につけていくでしょう。

質問一覧に戻る

 


【理科】夏休みにできる学習

A.夏休みには、教科書などの紙面上だけではなかなかイメージしづらい自然現象を、五感をフルに使って体験する機会をもちましょう。自然のなかで遊んだり、科学館・博物館に足を運んだり、身近なところで開催されるサイエンス・イベントなどに参加したりするのもおすすめです。たとえば、千代田区の科学技術館では開館日に毎日ワークショップやイベントが開催されています。また、星のエピソードとともに美しい星空の映像を楽しめるプラネタリウムもおすすめです。

こういった体験では「勉強をしている」と意識することなく理科を学ぶことができるので、理科に苦手意識があるというお子さまも楽しめます。ぜひご家族で参加してみてください。

以下のサイトでは、科学館や博物館・美術館を検索することができます。そのほかにも、お住まいの地域の広報誌などでイベントをチェックしてみてください。
●日本の科学館めぐり
●インターネットミュージアム

また、3年生の「Z会MyPage 1039ねっと」「理科のよくある質問コーナー」では、学習につまずいたときに参考になるだけでなく、コラムとしてもおもしろい内容が掲載されています。ぜひ、アクセスしてみてください。
「Z会MyPage 1039ねっと」→「教材サポート」→「理科のよくある質問コーナー」

質問一覧に戻る

 


【算数】3年生になって難しくなった

A.3年生になると、1・2年生のときに比べて、より複雑な計算問題や文章問題に取り組む時期に入ります。とくに、自分で考えて立式する能力を問う問題などが増えてきますので、戸惑われているお子さまも多いことでしょう。文章題では、問題で問われていることを正確に理解するために、問題文の中のキーワード(たとえば、「あわせて」「のこりは」など)に印をつけたり、図などをかいて考えることを習慣づけていくとよいでしょう。

わからない問題でつまずいたり、集中力が途切れてしまっているような場合には、適宜保護者の方からヒントを出していただいたり、日を改めて再度取り組ませたりしてみてください。

また、計算問題をするときは、日々の練習に加え、ノートのとり方を工夫することも大切です。ノートには計算式を詰め込みすぎずに余裕をもって書き、まちがえた問題はもう一度取り組むようご指導ください。

質問一覧に戻る

 


【国語】漢字を覚えられない

A.まず、学習の手順として、その漢字をしっかり読めるようにしましょう。読めないと、どんなやさしい漢字であってもまず書くことができないものです。読めるようになってから、書けるようになる練習をします。

ところで、漢字の学習の際とにかく何度も書く練習をする、という方をよく見かけますが、それはあまりおすすめしません。なぜなら、どうしても回数を【こなす】ことが目的となってしまいがちになるからです。宿題で出る分にはいたし方ありませんが、おうちでは、1回あたりに取り組む回数の上限は「3回」としてください。読みながら、お手本を見ながら、正しく丁寧に書く、ということだけを心がけて、3回しっかり書いてください。

また、とくにわかりにくい漢字については、できるだけ大きく書いてほしいと思います。大きく書くと、それぞれの漢字の形がはっきりと認識できるからです。ノートがもったいなければ、何かの裏紙を利用するなどして試してみていただきたいと思います。

そして、漢字は一度の学習機会の中で覚えられなくてもよいのです。まちがえた漢字については、その場で、3回ゆっくりお手本を見ながら練習し、見なくても書けたらその日は合格とします。そして、数日後、もう一度テストします。そこでまちがえたら、もう一度、3回ゆっくりお手本を見ながら練習し、見なくても書けるようになったかテストをする・・・その繰り返しで十分習得できます。

書ける漢字が増えてくれば、少しずつ自信がつき、苦手意識が消えて漢字学習がより好きになると思います。お子さま、おうちの方、どちらもあせらずに取り組むことを心がけてください。

質問一覧に戻る

 


【学習のしかた】親と一緒に取り組むのをいやがる

A.苦手な教科や難しい問題にあたってうまく解けないことがあると、そこから解けるようになるまで集中力を持続させるのはなかなか難しいことです。また3年生にもなると、「一人で学習に取り組みたい」という意識が生まれ、保護者の方の助言をうるさく感じるお子さまもいらっしゃることでしょう。

そのような場合は、学習計画を親子で立てたあと、教材への取り組みは本人の自主性に任せ、保護者の方は「見守る」ことに徹することも一つの方法です。ただし、ただ放任するのではなく、「教材への取り組みは、お子さま自身に任せること」、「計画どおりに進んでいるかどうかは、保護者の方が確認すること」について話しあい、お子さま自身も納得していることが大切です。お子さまに「取り組みは自分自身に任されている」という意識が生まれると、やがて責任を果たそうとする意識が芽生えるようになるでしょう。

また、取り組む教材が難しすぎても易しすぎても、お子さまの集中力を妨げるものです。「小学生コース3年生」においては、国語・算数のレベル変更ができますので、必要に応じてご検討ください。

質問一覧に戻る

 


【理科・社会】家庭でできる取り組み

A.どの教科にもいえることですが、理科・社会はとくに、教科に興味があるかないかで、将来の学習に大きく影響します。理科・社会に興味をおもちでないお子さまは、ただ知識を覚えるだけの暗記学習になりがちで、学習が難しくなるにつれて、つまずくことが多くなってしまいます。

理科・社会は身近な事柄から学習を広げていく教科です。まず、小学校3・4年生では、身近な事柄に興味をもてるよう、保護者の方が手助けをしてあげてください。休日を利用して、動物園や水族館に行ったり、見学できる工場・博物館・科学館が近くにあれば、行ってみたりするのもよいでしょう。その際は、インターネットや図鑑などで、少し下調べをしてから行くことをおすすめします。また、「すごいね!」「どうしてだろうね?」など、感動することや、不思議に思うことを引き出す、声かけをするとよいでしょう。

質問一覧に戻る

 


【算数】かけ算かわり算かで混乱してしまう

A.問題文中に見分けるためのコツが隠されていますので、お子さまと一緒にポイントとなる言葉を確認してみてください。

たとえば次のような問題を見てみましょう。

(1) 1冊90円のノートを3冊買いました。代金はいくらでしょうか。
(2) 80枚のシールを2人で同じ数ずつ分けます。1人分は何枚になりますか。

(1) はかけ算の問題です。1単位あたりの値段が示され、全体量(代金)を尋ねています。

(2) はわり算の問題です。最初に全体量(枚数)が示され、1単位(人)あたりの個数を尋ねています。

わり算を使う問題には、このほかにも、全体量が示されたうえで、「何倍ですか」や「いくつ分ですか」という言葉もよく使われます。

このように、1単位あたりの値段や個数が示され、代金や全体量を問う場合には「かけ算」、全体量が示され、1単位あたりの数量を問う場合には「わり算」、というようにめやすをつけることができます。また、お子さまが具体的にイメージしやすいように、問題で示されている条件を図で示していただくと、より理解しやすくなります。

質問一覧に戻る

 


【学習のしかた】復習を習慣づけたい

A.学習内容をきちんと定着させるために復習は必須ですが、一度まちがえた問題に再度お子さまが一人で取り組むのは難しいものです。「復習しなさい」と声をかけるぐらいでは、なかなか取り組みづらいでしょう。その場合、まずはおうちの方と一緒にまちがえた問題を確認するところから始めてみてください。

具体的な方法としては、復習したい問題や学習内容について、お子さまの答えや解き方などを「お母さんに教えてもらえるかな?」などとお声がけしていただくとよいでしょう。人に自分の考えを伝えるためには、思考を整理する必要がありますので、説明をする過程で、自分の考えのまちがっていた点やあやふやな点などに、お子さまが自発的に気づくこともあるでしょう。

対話を通じて、お子さまの考えを引き出し、正しい点はほめ、誤っている点があれば、お子さま自らが気づいて訂正できるようにご指導ください。

質問一覧に戻る

 


【国語】語彙を増やしたい

A.語彙を増やすためには、日ごろからご家庭での言葉に対する興味を高める取り組みが大切です。勉強として取り組むよりは、ふだんの会話や日記、遊びといったことをとおして、楽しみながら取り組むことが効果的です。

たとえば、親子での交換日記は家庭内のコミュニケーションにもつながりますし、早口言葉は日本語の音の響きを楽しむことができます。しりとりは、地名や動植物の名前などの分野を限定するとほかの教科の勉強にもつながるでしょう。かるた遊びもおすすめです。漢字やことわざなどいろいろ言葉に関するかるたがあるので、遊びながら語彙が身につきます。もちろん読書も有効ですね。

子どもは、興味をもったことがらはどんどん吸収していきます。お子さまが興味をもったものから、少しずつ日ごろの生活に取り入れてみてください。

質問一覧に戻る

ページの先頭へ