過去問題

印刷


成蹊中学校の理科にTRY!

「カコモンにTRY!」は、過去の中学入試で出題された問題の中から、中学受験コースの皆さまに挑戦していただきたい問題を紹介するコーナーです。
ぜひ、お子さまと一緒に取り組んでみてください。

※ 中学生以上で習う漢字には( )で読み仮名をつけています。

【2016年1月28日】

今回の問題をご紹介(しょうかい)する理由

理科の入試では、地震(じしん)についてたびたび出題されています。今回ご紹介する問題は、よく出題される地震のメカニズムについてよりも、防災意識のほうに重きを置いています。いざというときに、どのような行動をとるべきかを考えてみるきっかけとしていただければと思います。

今回のレベル:★

★:3・4年生も理解できる基礎的な問題
★★:4・5年生ががんばって解ける問題
★★★:6年生向けハイレベル問題     

【問題】 

2015年度 成蹊中学校(第1回)大問1
次の地震についての防災カルタの文章を読み、①〜⑥に最もよく当てはまる語句を下の語群ア〜トの中から選び、記号で答えなさい。ただし、同じ記号を2回以上使ってはいけません。

・いそいで遠くへ 高台へ ①はすごい速さだぞ!

・上にも注意 ゆれたときは、カワラや②が ふってくる

・③ 地震のときは すぐ外へ

・気をつけて 地震は ④で終わらないよ

・はなれよう ⑤や販売機(はんばいき) 大きなゆれでたおれるよ

・部屋のドア 近くに⑥は おかないよ

【語群】

   ア.いのち    イ.クツ     ウ.教室     エ.家具        オ.くもり     

   カ.二度      キ.津波    ク.ビルの中   ケ.ブロックべい  コ.かさ      

   サ.エレベーター  シ.雨     ス.くすり     セ.夜中        ソ.自動車     

   タ.冬        チ.ガラス   ツ.お金      テ.一度        ト.高しお    

 

攻略法

【解答】

① キ  ② チ  ③ サ  ④ テ  ⑤ ケ  ⑥ エ

【解説】(かいせつ)

① 海底で地震が発生すると、波の高さが非常(ひじょう)に大きい津波(つなみ)が発生することがあります。おくにいくほどせばまった湾(わん)などでは、波が集まっていくため、高い津波になります。海の近くにいるときにゆれを感じた場合は、津波に注意することが大切です。また、震源(しんげん)が遠い場合は、ゆれを感じないのに津波が来る場合もあります。

② 大きな地震があったときは、ゆれによって、ゆれに弱い建物がこわれることがあります。建物の近くにいるときは,上にも注意が必要です。

③ エレベーターに乗っているときに地震があった場合は、すべての階のボタンをおして、できるだけ早く外へ出ることが大切です。

④ 大きな地震が起こったあと、余震(よしん)が続くことがあります。大きなゆれの余震がくることもあるので、注意が必要です。

⑤ ブロックべいは重いため、たおれてくると大変危険(きけん)です。

⑥ 部屋にいるときに家具がドアの前にたおれると、すみやかな避難(ひなん)ができなくなることがあります。

 

関連リンク

ページの先頭へ