Z会小学生コース経験学習 けいけんクラブ

Z会 小学生コース1・2年生 けいけんクラブ

  • 1ねんせいのみんなへ
  • 2年生のみんなへ
  • おうちのかたへ
  • 1年生の保護者のかたへ
  • 2年生の保護者のかたへ
  • サイトマップ

おうちのかた応援団

10月号 理科のたね 日時計を 作ろう

ねらい
  • 太陽への関心を深める。
  • 太陽と影の位置関係や動きに気づく。
おもな準備物
  • 空き箱
  • 鉛筆のキャップ
  • 方位磁針

主な内容

じゅんびのページでは 体けんのページでは 社会のページでは
かげを しらべよう

晴れた日に家の中で影を観察し、太陽の光が物に当たると影ができること、影は時間がたつと動くということへの気づきを促します。 影を調べる取り組みをすることで、日時計を作る着眼点がより深くなりますので、ぜひ挑戦してみてください。 
日時計を 作ろう

日時計の台を作ったあと、影の向きや長さを記録して日時計を完成させます。 日時計作りは長時間の観測であり、難しい取り組みとなりますが、影と太陽の関係やその動きをとらえるのに効果的な体験です。 お子さまに「○時の影はどうなるかな。」など声かけをしながら最後まで作り上げ、そして、完成したときは、お子さまをおおいにほめてあげてください。
太ようと かげの うごき

太陽と影の関係について、影は太陽の反対側にできること、影の長さは太陽の高さが高いほど短くなることを学びます。 さらに、太陽と影が時刻によってどのように動くのかについて、お子さまが体験で作った日時計を使って理解を深めます。 夕方には影が長くなることなど、生活の中で実感できる太陽と影の関係について話してみてもよいでしょう。

取り組むときの工夫アイディア

もっと楽しみたい・発展させたい場合
  • 時計のなりたちについて図書館などで調べ、歴史への興味を深めてみてください。
  • 作った日時計を実際に時計として使ってみてください。
忙しくて取り組む時間がない場合
  • 「わくわくエブリスタディ けいけん」では9時から15時までの日時計を紹介していますが、9時から12時など観察時間を短縮してもかまいません。
  • 材料が無い場合は、台にする箱を厚紙(+重りの石)で代用したり鉛筆のキャップでなく爪楊枝などを使ったりしてみてください。
FAQ
質問 日時計が、教材通りに作れません。
回答 季節が変わると、太陽の高度が若干変化するため、影の長さも変わってきます。教材のイラストや写真はあくまで目安としてご覧ください。
Z会小学生コース経験学習 けいけんクラブ