Z会小学生コース経験学習 けいけんクラブ

Z会 小学生コース1・2年生 けいけんクラブ

  • 1ねんせいのみんなへ
  • 2年生のみんなへ
  • おうちのかたへ
  • 1年生の保護者のかたへ
  • 2年生の保護者のかたへ
  • サイトマップ

おうちのかた応援団

9月号 社会のたね ぼうさいたいさくを しよう

ねらい
  • 防災対策ができるようになる。
  • 安全に対する意識を高める。
おもな準備物
  • ぼうさいグッズを入れるためのバッグ

主な内容

じゅんびのページでは 体けんのページでは 社会のページでは
くらしと しぜん

自然の力によって引き起こされる災害にはどのようなものがあるかを学習します。 洪水や地震など、お住まいの地域で特に懸念される災害がありましたら、お子さまにお伝えください。 いつ起こるのか予測することが難しい自然災害だからこそ、日頃の対策が大切だということに気づくきっかけにしてください。
ぼうさい会ぎを ひらこう〜ぼうさいたいさくを しよう

家族で防災会議を開いてどのような対策をすればよいか話し合ったうえで、実際の防災対策に取り組みます。
防災グッズを集めるときや家の中の防災対策をするときなど、おうちのかたからのサポートをお願いいたします。 既に防災グッズが揃っているご家庭の場合も、防災グッズの中身や家の中の対策、非常時の連絡先など、お子さまと再度確認したり、ご家庭の状況に合わせて見直しを行ったりしてみてください。
あんぜんを まもる しごと

わたしたちのくらしの安全を守る仕事について学びます。
安全を守るその他の仕事や地域の取り組みについてお子さまと話してみてもよいでしょう。 わたしたちのくらしがさまざまな人によって支えられていると知ることは、お子さま自身も社会の一員であるという自覚につながっていきます。

取り組むときの工夫アイディア

もっと楽しみたい・発展させたい場合
  • お住まいの地域の市町村で公開しているハザードマップ(災害予測地図)を確認してみてください。
  • いざという時の、ご家族の間の連絡方法についても話し合い、決めておくとよいでしょう。
  • 家から避難場所までの道を歩きながら、途中の目印や危ない場所などを書き込んだ「防災地図」を作ってみてもよいでしょう。
忙しくて取り組む時間がない場合
  • 「防災グッズを揃える」「避難場所を確認する」「家の中の対策をする」の3つの対策を紹介していますが、全てを一度に行わなくてもかまいません。 まずはどんな対策が必要かお子さまと話し合う取り組みを行い、1つ1つの対策を時間のあるときに進めていってもよいでしょう。
  • 防災グッズを揃える取り組みは、市販されている防災セットにご家庭ごとに必要な品を足していってもよいでしょう。
FAQ
質問 既に防災グッズが揃っています。
回答 既に防災グッズが揃っている場合は、防災グッズの中身を確認したり、非常食の入れ替えを行ったりするなど、ご家庭の状況に合わせて見直しをするきっかけとしてください。
Z会小学生コース経験学習 けいけんクラブ