Z会小学生コース経験学習 けいけんクラブ

Z会 小学生コース1・2年生 けいけんクラブ

  • 1ねんせいのみんなへ
  • 2年生のみんなへ
  • おうちのかたへ
  • 1年生の保護者のかたへ
  • 2年生の保護者のかたへ
  • サイトマップ

おうちのかた応援団

07月号 社会のたね ぷるぷる 夏の くだものゼリー

ねらい
  • 身近な果物の旬について関心をもつ。
  • 味覚と触覚を使って、夏の涼しさを感じる。
おもな準備物
  • 果物(スイカなど)
  • 寒天

主な内容

じゅんびのページでは 体けんのページでは 理科のページでは
きせつの くだものを 知ろう〜ゼリーに 入れる くだものあつめ

果物の旬について学んだあと、ゼリーに入れる果物を考えて、実際に集めます。
お店の果物を見ながら、お子さまとお住まいの地域での旬の果物について話したり、季節によって果物の品揃えが違うことを確認したりしてみてもよいでしょう。  果物にはさまざまな種類があることや「旬」があることを知ることで、季節のうつろいを食事からも感じ取れる豊かな感性が養われていきます。
夏の くだものゼリーを 作ろう〜ゼリーを 食べよう

健康によい寒天と集めてきた旬の果物を使ったデザートを、お子さま自身の力で作り上げます。 作ったものを囲んで、果物の冷たさやゼリー独自の食感をお楽しみください。 今回のような調理体験は、お子さまの諸感覚を育むための絶好の機会です。 材料に直接触れ(触覚)、匂いを感じ(嗅覚)、飾り付けをし(視覚)、果物の味の違いを確かめる(味覚)中で、それぞれの感性を最大限に引き出していけるように、体験の中でお子さまといろいろ話をしてみてください。
冬に スイカ はっ見

夏の果物が冬にも売られていることに注目し、野菜や果物を旬以外の季節に収穫できる方法があることを学びます。 果物を栽培するときの工夫に意識を向けることで、わたしたちの食を支える食料生産への関心が広がることでしょう。

取り組むときの工夫アイディア

もっと楽しみたい・発展させたい場合
  • 誕生日会などとあわせ、くだものゼリーパーティーを開催してみてください。
  • 秋や冬にも、季節ごとの果物を使ってゼリーを作り、旬の意識をはぐくんでいってください。
  • 旬の野菜カレーなども作り、ゼリーとあわせて夏の食べ物を満喫してみてください。
忙しくて取り組む時間がない場合
  • お忙しい場合は、旬のくだものをお子さまと食べる取り組みにアレンジしたりメニューを変えたりしてみてください。
  • スイカなどの材料が揃わない場合は、器にするものをスイカではなく別の果物や普通の皿で代用してかまいません。
FAQ
質問 小家族なので、普通の大玉スイカではあまってしまうかもしれません。
回答 小玉スイカにしたり、メロンなどスイカ以外の果物を器として使ってもかまいません。(酸味の強い果物は固まりにくくなることがありますのでご注意ください。)
Z会小学生コース経験学習 けいけんクラブ