Z会小学生コース経験学習 けいけんクラブ

Z会 小学生コース1・2年生 けいけんクラブ

  • 1ねんせいのみんなへ
  • 2年生のみんなへ
  • おうちのかたへ
  • 1年生の保護者のかたへ
  • 2年生の保護者のかたへ
  • サイトマップ

おうちのかた応援団

3月号 社会のたね おうち新聞を はっ行しよう

ねらい
  • 人にわかりやすく伝える力をはぐくむ。
  • オリジナルの新聞作りを楽しむ。
おもな準備物
  • 画用紙
  • 白い紙

主な内容

じゅんびのページでは 体けんのページでは 社会のページでは
これが おうち新聞だ

「おうち新聞」の概要を確認し、新聞作りへの意欲を高めます。 実際の新聞紙面を眺めながら、どのような記事が載っているかお子さまと話し合ってみてもよいでしょう。
なお、今回のおうち新聞では、作りやすさを考慮した大きさや内容を指定していますが、必ずしも教材通りに作る必要はありません。 この1年で大きく成長した編集長のもと、家族みんなが楽しめる内容が詰まった新聞作りに挑戦してみてください。
おうち新聞を はっ行しよう

家族みんなでニュースを何にするかを決めたあと、お子さまがインタビューをしたり記事を書いたりして、新聞を仕上げていきます。
聞いたことや自分の意見などをまとめ、読みやすく書く作業はとても大変なことですが、それを自分で完成させることで、大きな自信になることでしょう。 お子さまが最後までがんばり続けられるよう、さりげなくサポートや応援をしてあげてください。 また、新聞が完成した時は、お子さまのがんばりを大いにほめてください。
新聞が できるまで

新聞が家に届くまでの流れについて、そこに携わる人々の仕事を通して学びます。
くらしの中の情報伝達や物作りにさまざまな役割の人が関わっていることを知ることで、社会が多くの人によって支えられていることに気づくきっかけになることを願っています。

取り組むときの工夫アイディア

もっと楽しみたい・発展させたい場合
  • 出来上がった新聞をコピーし、親戚のかたなどにも配達してお子さまの編集長としての達成感を高めてあげてください。
  • お子さまの情報収集力と表現力をはぐくめるよう、体験後も、1ヶ月に1回など期間を決めて新聞を発行してみてください。
  • 「ニュースノート」を一冊用意して、学校での出来事や社会でおきた事件など、印象に残ったニュースを書き留めていってみてください。
忙しくて取り組む時間がない場合
  • お忙しい場合は、夕食の時間などにお子さまからおうちのかたにインタビューをし、その後お子さまお一人で記事をまとめるようにしてください。
  • 記事をまとめることが難しい場合は、内容をナンバーワンニュースのみにしたり、簡単な箇条書きのみにしたりするなど掲載するものを簡単なものに変更してください。 画用紙2枚ではなく、画用紙1枚で作ってもよいでしょう。
FAQ
質問 新聞の大きさは変えてもいいですか。
回答 『わくわくエブリスタディ けいけん』で紹介している画用紙の大きさは目安です。 ご家庭にある画用紙や模造紙を使って、お子さまが作りやすい大きさにしていただいてかまいません。
Z会小学生コース経験学習 けいけんクラブ