Z会小学生コース経験学習 けいけんクラブ

Z会 小学生コース1・2年生 けいけんクラブ

  • 1ねんせいのみんなへ
  • 2年生のみんなへ
  • おうちのかたへ
  • 1年生の保護者のかたへ
  • 2年生の保護者のかたへ
  • サイトマップ

おうちのかた応援団

2月号 社会のたね ゆびあみマフラーに ちょうせん

ねらい
  • 衣服とその働きへの関心をはぐくむ。
  • 楽しみながら、物を完成させる喜びを知る。
おもな準備物
  • 毛糸(超極太1玉)

主な内容

じゅんびのページでは 体けんのページでは 社会のページでは
さむい 日の ふくそう

寒い日に身につける衣服に関する問題に取り組み、気温や季節に応じた服装について考えます。 春夏秋冬、それぞれの季節や気温に応じた服装があることをお子さまと話し合ってみてください。 コートを着るとあたたかくなるのは体とコートの間にあたたまった空気がたまるからであるなど、あたたかくなる理由について話し合ってみてもよいでしょう。
ゆびあみマフラーに ちょうせん

指体操をしたうえで、指を動かしながらマフラーを編みます。 指先をよく使う活動は、発達途上のお子さまに適した活動であるというだけでなく、糸のやわらかさやあたたかいぬくもりを直接指で感じることができるよい機会となるでしょう。
編み物のよいところは、糸をほどけば何度でもやり直せるところです。失敗したら再度挑戦するなどしながら、ものを作る楽しさや完成したときの達成感、またそれを身につけたときの満足感を味わってみてください。
家の 中の さむさたいさく

冬の防寒対策について、衣服以外の工夫を考えることで、人々が季節ごとの気候の変化に衣食住の工夫で適応しながら暮らしていることへの気づきを促します。
ご家庭で行っている工夫について、お子さまと話し合ってみるとよいでしょう。また、雪の降る地域にお住まいのかたは、雪への対策について話してみてもよいでしょう。

取り組むときの工夫アイディア

もっと楽しみたい・発展させたい場合
  • あらかじめできたものをお互いにプレゼントしあう約束をし、おうちの人とお子さまが相手のためのマフラーを作りあってみてください。
  • 同じ長さのマフラーを2本つくり、長辺のはしを手で縫い合わせて幅の広いマフラーにしてみてください。
  • 寒さから身を守る工夫について、世界の寒い地域に住む人々の暮らしなどを調べてみてください。
忙しくて取り組む時間がない場合
  • 長いマフラーを作ることが難しいようであれば、同じ作り方で人形などの短いマフラーを作るかたちにして負担を減らしてください。
  • 太い毛糸が無い場合は、細い毛糸で代用してもかまいません。
FAQ
質問 編み物をしたことがありません。難しそうです。
回答 『わくわくエブリスタディ けいけん』の写真を見ながら、ゆっくり取り組むとよいでしょう。
また、動画コーナーでは、編み方を映像で紹介していますので、お子さまと一緒にぜひご覧になってみてください。
質問 途中で外し休憩することは可能ですか。
回答 はい。どの指にかかっていた輪かがわかるようにして糸を指から外してください。休憩後、同じ指に糸の輪をかけて再開することができます。
Z会小学生コース経験学習 けいけんクラブ