全く分からない問題は解答を読み込み、書いてある内容を全て覚えるぐらいの気持ちで取り組んだ。

【合格】
九州大学大学院 人間環境学府 実践臨床心理学専攻(2017年春)

たたみさん

同志社大学心理学部

「臨床心理士パック」を受講(2015.10〜)

解答を丁寧に添削していただけることや、疑問などにも答えていただけるということを知り、Z会を受講するに至った。

同志社大学にて心理学部に在籍し、大学3年生の春ごろに臨床心理士指定大学院進学を考え始めた。当時は心理学の知識と言えば、大学での講義内容に限られており、また勉強方法は定期試験に向けた一時的なものであったため、知識はほとんど定着していなかった。また研究室の関係で在籍する大学の大学院にそのまま進学することができないということが分かり、どの大学院を受験するのかということについても不安と焦りを感じていた。

そのようなときに偶然、Z会に臨床心理士指定大学院入試対策講座があることを知った。解答を丁寧に添削していただけることや、問題以外の受験に関する疑問や論述問題の書き方についても答えていただけるということを知り、受講するに至った。また3年生の時点ではバイトやサークルなどで十分に勉強時間を確保できず、予備校に通うことも断念していたため、自宅で空いた時間に問題を解き、送信フォームでやり取りをする形式は、自分の生活スタイルにも合うという点も、受講に至る大きなポイントとなった。

論述問題の基本的な書き方を質問すると、丁寧に答えてくださり非常に助かった。

大学で使っていた心理学概論や、Z会の参考書で一通り知識を頭に入れてから問題にとりかかった。とは言うものの、問題は実際の大学院入試レベルのものであり、最初の頃は全く分からない問題も多くよく落ち込んだ。少しでも分かる問題は自分の言葉で解答を作成し、全く分からない問題は解答を読み込み、書いてある内容を全て覚えるぐらいの気持ちで取り組んだ。送信フォームにも、参考書を見たか否かを入力する欄があり助かった。

添削され返ってきた内容は、コメント欄や解説を参考にしながら間違い直しを行った。特にこの間違い直しに重点をおきながら勉強した。特に覚えにくい内容は自分でノートを作成しそこに書き込むなど工夫しながら勉強していると、徐々に全く分からない問題の割合が減っていることを実感した。学習時間帯は授業後や夜寝る前で、忙しい日には、5分でも10分でもとりあえず時間を確保し、全く勉強しない日をなくした。また私は特に論述問題の基本的な書き方が全く分かっていなかったのだが、その旨を質問として送信すると、丁寧に答えてくださり非常に助かった。

各々の大学院に合った勉強を行うことは、他の受験生と差をつけるポイントになると思う。

試験直前期は各々の大学院の過去問を解き、問題形式や出題されやすい分野などを自分で分析した。大学入試と異なり大学院入試はあまり情報が無く、このようなことも自分で行わなければならず苦労した。私は3つ大学院を受験したのだが、各々全く異なる問題形式や傾向であったためか非常に時間を要した。この作業は早く行えば行うほど良いのではないかと思う。時間はかかるが過去問をしっかり分析し各々の大学院に合った勉強を行うことは、他の受験生と差をつけるポイントになるのではないかと思う。

試験一週間前からは書く勉強をやめ、今まで使っていた参考書や自分で作成したノートを読む勉強に切り替えた。また口述試験対策として聞かれそうな質問に対するおおまかなこたえも勉強の合間に考えていた。本番の試験では、難しい問題は解くことができるに越したことはないが、基本的な問題に確実に解答できることが重要ではないかと思う。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。


お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)