動画講義を何回も見て、わからない分野を重点的に学習できたことが通信講座による最大のメリットだと思う。

【2016年合格】
松戸市、船橋市

匿名さん

大学卒

「地方上級・国家一般職本科 2016年合格目標講座」を受講(2015年10月〜)

地域のために働くことで人々の助けになりたいと考えるようになり、民間企業の内定を辞退して公務員を目指すことにした。

大学4年次は民間企業への就職活動を行ったが、終えてから心残りや何か後悔のようなものを感じていた。真剣に進路のことを考えた時、公務員として地域のために働くことで人々の助けになりたいと考えるようになり、内定を辞退して公務員を目指すことにした。

決心したのが9月という公務員対策のスタートとしては早くない時期であり、(1)ゼミや卒業論文を控えて多忙だった(2)元々進学校出身で教養試験には自信があった(3)文学部で法律や経済に大きく不安があった という3点の理由で不要な分野は軽く済ませて効率よく不安な分野を重点的に学習できる通信講座を考え、昔お世話になった経験のあるZ会を通してZ会×TAC公務員講座を受講した。なお、公務員の実状や待遇等は父が国家公務員であることからある程度は知っていたが、試験科目をどう選ぶかなど受験面では知らないことが多かった。就職を取りやめることは両親や友人にも驚かれたため、本来進路は就活前までに考えておくべきことだと痛感した。とはいえ後悔しても遅いと自身に言い聞かせ、同じ轍を踏まないように「なぜ公務員か」「何をしたいか」をしっかり考えてから学習に臨んだ。

講座の問題集が過去問中心に作られていたため実戦に近い問題を解いてできた時には自信になった。

試験前年の10月に学習を開始し、憲法、マクロ経済学、ミクロ経済学、民法等どの試験種でもウェイトの高い重要科目から学習した。法律と経済については初めて学んだため、講義の視聴→問題演習という流れを取った。範囲が膨大なため、過去問中心の学習をして要点を絞るとよいと先輩から聞いていたが、講座の問題集が過去問中心に作られていたため実戦に近い問題を解いてできた時には自信になった。当たり前だが、本番で類題がいくつも出たので過去問中心の学習はかなり有効だと思う。

学習時間は平日6時間、休日8時間を目標にしたが、卒業論文の調査や執筆に追われてなかなか目標を達成できず、集中して取り組めるようになったのは1月下旬になってからだった。文系の4年生は授業も少なく勉強時間の確保自体は(卒論がなければ)難しくないのだが、自宅では誘惑が多いため極力大学の図書館にこもって勉強していた。その際スマホはロッカーに預けて使えない状態にし、気が散らないようにした。途中わからない問題にいくつも遭遇するとくじけそうになったが、「既に1年のフリーター生活が確定している。これ以上はマズイ!」と背水の陣であることを意識し、結果的にこれが良かったように思う。また、私の場合、幸い両親が全く干渉せず、静かに見守ってくれたのでストレスをためずに学習に向かえた。友人からも「真面目だし民間より公務員に向いてそう」と本音は不明だが励ましを受けたのでやる気を出せた。

当初は国家公務員試験も受ける予定だったが、自分が育った地域で働きたいという思いが強まったため途中から地方公務員に焦点を絞って勉強した。教材についてだが、自分で学習しようとすると面倒な時事問題を補ってくれるレジュメが最も役に立ったように思う。何気なく眺めた内容が都庁採用試験で出た時には感動すら覚えた。

通信講座は、うまく利用できれば通塾以上の能率、効果を発揮できると感じた。

学習の流れは、講義視聴→V問題集を基本にした。難易度C、頻出度Cは後回しにして優先度の高い問題から学習し、余裕があったらCにも手を出した。わからない点はVテキストやインターネットで調べて解決を図った。動画講義は何回でも見られるため、わからない分野を重点的に学習することができた。これが通信講座による最大のメリットだと思う。実際、初学だった経済学や法律は複数回視聴し学習したが、数的処理は問題を先に解き、時間がかかった問題とわからなかった問題だけ、より良い解法を学んだ。数的処理で浮いた時間を法律と経済に回せたので、効率の良い学習ができたと思っている。通信講座は自分の現状を把握してしっかり管理できないと穴を残す危険性があるが、うまく利用できれば通塾以上の能率、効果を発揮できると感じた。

[良かった教材]
1)時事対策レジュメ
何が出るかわからない大量の時事問題を要点を絞って解説してくれた。
2)面接対策レジュメ
面接の質問内容はどこでも大差はないので経験談を知っているだけで落ち着いた。お守りのような効果。
[良かったサービス]
厳密にはサービスではないかもしれないが、TAC WEB SCHOOLはログイン人数が表示されるのでライバルの存在に焦り、学習を後押しした。また、メールで励ましや試験の情報が送られることがあったのでささいなことだが精神的に助かった。
[あればよかったもの]
本来自分でやるべきことであり、試験種も大量にあって難しいかもしれないが、試験日程のカレンダーのようなものがあると助かった。日程変更があった自治体もあったため、注意すべき試験種を知らせてもらえるだけでもうれしい受験生もいるのではないだろうか。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。


お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)