Z会が一番効率よく且つ信頼できる教材を提供してくれそうだ、と思い受講を決めた。

【合格】
名古屋大学大学院 人文学研究科(2017年春)

うりぼう母ちゃんさん

明治大学卒業。現在は非常勤英語講師。

「大学院英語」を受講(2016.7〜)、「大学院英作文」を受講(2016.8〜)

要約問題は、短期間で1人で勉強するのはとても無理だと思った。

私は英語が好きで、独学でいくつか英語関連の資格を取得し、それを活かして英語を教える仕事をしています。そんな中、資格取得勉強や会話のための英語の勉強だけではなく、英語そのものをもっと深くアカデミックに勉強をしたい、という思いが強くなり、大学院ならばその願いにこたえてくれるだろうと思いました。ちょうど名古屋大学で新しく文科省から認可が下りた人文学研究科の入試説明会があったため参加しました。大学院の先生方と直接お話しする機会もあり、自分が心配していたり疑問に思っている点をいろいろ聞くこともでき、ここならばぜひ勉強したい、と思い受験を決意しました。それが試験の約2カ月前で、しかも夏休みでいろいろ忙しい時期と重なってしまい、これは効率よく勉強をしないととても合格は厳しいな、と思いました。

筆記試験は英語のみで、過去問を調べてみると、和訳、英作文、数百字の要約問題でした。特に要約問題はこれまでほとんど取り組んだことがなかったので、短期間でこれだけのものを1人で勉強するのはとても無理だと思いました。そこで大学院問題の添削指導をしてくれる教材をいくつか比較し、Z会が一番効率よく且つ信頼できる教材を提供してくれそうだ、と思い受講を決めました。

厳選されたよい教材を提供してくれているんだな、と毎回解いていて知的好奇心が刺激されるような感じだった。

実際に教材にとりかかったのは試験1カ月前からでした。他の問題集などはやらずに、空いている時間は全てZ会の教材だけに取り組みました。サブテキストを読みながら、単元ごとに最初のページからとにかく解いていきました。内容が多岐にわたり、自分の興味のなかった分野や苦手な分野もありましたが、このような機会がなければ目にすることもなかったですし、読んでみると案外面白かったり、新しい知識を習得できたりと、とても厳選されたよい教材を提供してくれているんだな、と毎回解いていて知的好奇心が刺激されるような感じでした。苦手な経済分野は夫に聞いたりして、二人で取り組んだ回もあり、それはそれで楽しい思い出となりました。

とにかく1カ月で全て問題を解いて、添削課題も全て提出することを目標に取り組みました。仕事に行く電車の中や、用事のない日は子どもを預けて昼間はずっと課題に取り組んだり、空いている時間があればほとんど全てをZ会の課題にあてました。

添削指導の先生から指摘されたことなどを中心に復習を続けた。

全ての添削課題を提出し終えて答案が戻ってきたのが試験の約10日前で、試験直前まで繰り返し問題に取り組みました。添削指導の先生から指摘されたことなどを中心に復習を続けました。添削指導の先生方から頂いた温かい励ましの言葉がとても嬉しかったです。

試験は最初の和訳問題はZ会の教えにならい、自然な訳を心がけることができましたが、試験問題が予想よりも量が多く、要約問題に想定外の時間がとられてしまい、最後の問題は納得いかない形で時間がきてしまいました。合格後に教授から、筆記試験の出来はギリギリだったと言われましたが、もしZ会の講座を受講していなかったら、こんな短期間で合格ラインまでもってくるのは到底無理だったと思います。今後はさらに英語の勉強をすすめ、社会にいい形で還元できるように頑張りたいと思います。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。


お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)