英語は、読解して、さらに採点者に伝わるように的確に表現するというのは自分だけではできなかったと思う。

【合格】
横浜国立大学大学院 国際社会科学府 経営学専攻(2016年春)

午後の紅茶さん

某私立大学商学部卒業予定。

「基礎からの大学院英語」を受講(2015.4〜)

長文の和訳が試験では必要になり、添削していただける「基礎からの大学院英語」講座はとても魅力的だった。

大学3年生の秋頃に、大学院に進学することを決めました。決めた時期としては、かなり遅いと思います。私は、高校時代から英語に苦手意識を持っていました。しかし、大学院に進学するにあたり、受験科目には必ず英語があるため、正直今の状態で受かるのか不安でした。いざ勉強するとなったとき、一人でやるには限界があること、英会話等の英語を専門に教えている塾等に通うにしても多額なお金がかかること。これらから、何かいいものはないかと探していました。

そんなときに、インターネットでZ会に大学院講座があることを知りました。資料を請求したところ、通信講座ではあるが、値段も安く、添削をしていただけるとのことだったため、受講することにしました。長文の和訳が試験では必要になり、添削していただける「基礎からの大学院英語」講座はとても魅力的でした。苦手だったこともあり、「大学院英語」だけではなく、基礎編の講座がついているものを受講させていただきました。

「大学院英語」のサブテキストは、どのように英文を読めばいいのか、丁寧に記載されており、短い時間に学習するには大変良いものだった。

通学している電車の中では、英単語と「大学院英語」のサブテキスト「読解の技法」を使いました。 サブテキストは、どのように英文を読めばいいのか、丁寧に記載されており、短い時間に学習するには大変良いものでした。 ほぼ毎日、大学の図書館でテキストを学習していました。 書かれている英文をコピーして書き出し、わからない単語や熟語にマーカーを引き、その単語・熟語を調べて書き出し、自分専用の単語・熟語帳を作ってスキマ時間に暗記しました。

「大学院英語」の添削問題冊子は大学院入試の過去問が中心となった構成で、自力で過去問を集めるのには限界があるので、他にはない魅力だと思います。試験までに冊子を3往復しました。5カ月という短い期間に飛躍的に英語の読解力がついたと思います。 添削は丁寧にしていただき、自分ではいいと思った言い回しであっても、このようにした方がより採点者に伝わりやすいなどのアドバイスが頂け、大変役に立ちました。 モチベーションとしては、周りは就職活動をしており内定が1つ、2つとある中で、自分にはなにもない状態だったため、勉強に打ち込むことでその不安を解消しようとあがいていたと思います。

大学院入試は、やはり英語で差がつくと思う。

試験直前は、自作した単語・熟語ノートの見直しをしていました。大学院入試は、やはり英語で差がつくと思います。専門科目に関しては、自分で勉強ができますし、積み重ねがあります。英語は、読解して、さらに採点者に伝わるように的確に表現するというのは自分だけではできなかったと思います。添削から、自分の癖を知ることもできました。試験の出来としては、訳しなさいという問題に関してはよくできたと思います。

受講前は、苦手意識もあり英語を自分から学習しようとはしませんでしたが、合格したこともあり、前向きに英語を勉強するようになりました。今では、他の英語のテキストを解いてみたり、スマホのアプリで英語をやったりするようになりました。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。


お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)