多くの大学院合格者を輩出しているZ会の方に添削していただけることは、大きな自信を与えてくれるものだった。

多くの大学院合格者を輩出しているZ会の方に添削していただけることは、大きな自信を与えてくれるものだった。

【合格】
一橋大学大学院 国際・公共政策教育部 公共経済プログラム(2016年春)

ゴマちゃんさん

広島大学医学部保健学科看護学専攻卒業見込み

「公共政策系研究計画書」を受講(2015.5〜)

Z会は魅力的な費用に対し、添削や質問対応など、きめ細やかなサービスも含まれており、非常に助かった。

Z会の受講を決めた理由としては、大きく二つのことが挙げられます。1つ目は、場所や時間を選ばずに受講ができるということです。私の住む地域には、大学院進学のための予備校などがなく、自力で学習を進めていくしか現実的な方法はありませんでした。中でも、研究計画書は第三者に添削してもらう必要があり、予備校などの恵まれた環境が周りにない私にとって、多くの大学院合格者を輩出しているZ会の方に添削していただけることは、大きな自信を与えてくれるものでした。

2つ目は、費用がほかの予備校などに比べ、大幅に安いということです。大学を奨学金やバイトで得たお金で通っている私にとって、金銭面は決して切り離して考えることができない問題であり、少しでもお金を節約する必要がありました。バイトも、授業や実習の合間の限られた時間でしか行えないため、少ない給料しかありませんでした。そのような中、Z会は魅力的な費用に対し、添削や質問対応など、きめ細やかなサービスも含まれており、非常に助かりました。そのような理由からZ会を受講をしようと決意いたしました。

学生の段階でも、常に問題意識を抱え生活する必要があると思う。

研究計画書に対しての学習法としては、書籍や論文などを国内外関係なく読み漁ることが一番重要であると考えます。研究論文の書き方と一緒であると思いますが、自分の言いたい結論、大学院で研究していきたい内容に対しての意義や重要性を関連ある書籍や論文の論旨で肉付けしていくことが必要であると考えます。また、なぜこの研究を行いたいのか、その学習を深めていきたいと考えたのか、今までの生活に基づいたエピソードなどがあるとより読み手を話に引き込むことができ、説得力が増します。一般の大学生はこの段階が弱く、実際に社会に出て、問題意識を抱えた社会人に劣ってしまうと思います。学生の段階でも、ただ遊び呆けるのでなく常に問題意識を抱え生活する必要があると思います。実は、ここが一番合否を分けるところではないかと思います。問題意識がないまま、うわべを繕って研究計画書を書くことができたとしても、面接では研究計画書を基に面接官に質問されるため、意欲を持って答えることができないからです。

フローチャートとしては、
1、世の中の事象に対し問題意識を持つ
2、その問題が起きている背景、原因を調べる
3、先行研究、対応策はないか書籍、論文を読む
4、さらに問題を明確化し、自分のできる範囲の研究を考える
5、どこの大学院が似たような研究をしているか調べる
6、研究計画書を書き始める
7、添削を受け、読み手に理解を得やすい内容に変えていく
私は、このような流れで学習を進めてきました。

学習状況は、深夜の時間帯に勉強することが多かったように思います。私の大学は24時間勉強するスペースが空いているので、そのスペースで毎日のように徹夜をしていました。私は他学部からの受験であった為、大学院の学科試験は、一から勉強し、それと並行して研究計画書を執筆し、また学校の実習記録を書いたり、TOEICの勉強などを行っていました。中でも、研究計画書には一番力を注いで勉強しました。

Z会の方には、きめ細やかな添削、不安なときのアドバイスなど料金以上のものをいただけたと思っている。

合格の決め手としては、研究計画書に関しては、多くの方に支えられたことが重要だったのではないかと思います。研究室の先生をはじめ、他の先生や友人、そしてZ会の方に、研究計画書の添削やアドバイスをたくさんいただきました。自分一人で大学院の受験勉強を続けていた際には、何度も心が挫けそうになることがありました。そのたびに励ましの言葉をいただき、立ち直ることができました。

特に、Z会の方には、きめ細やかな添削、不安なときのアドバイスなど料金以上のものをいただけたと思っています。自分のやりたい研究は自分にしか価値が理解できないかもしれませんが、だからといって孤独にならず、多くの人に助けを求めに行ったことが結果として合格につながったのではないかと考えています。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。


お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)